HOME > 地盤調査

建物を安全かつ経済的に建設するために、地盤調査が大切です。
適切な調査方法を選定し地盤調査することによって地盤の強度・構成・性質・地下水位などが判明し、安全で経済的な基礎設計につながります。

スウェーデン式サウンディング試験

■内容
スクリューポイントを25cm貫入させるのに必要な荷重および半回転数を測定することで、換算 N値※を求めます。

■特徴
・戸建て住宅など、小規模構造物に適している。
・狭小地でも調査ができる。
・調査時間が短い。
・費用が安価。

標準貫入試験

■内容
63.5Kgのハンマーを76cmの高さから自由落下させ、サンプラーを30cm貫入させるのに要する打撃回数でN値※を測定します。
●各地層からサンプラー内に摂取された土を土質資料とする。

■特徴
・あらゆる地層に対して掘削ができる。
・現状の土を採取できるため、各種土質試験を行える。(土の観察が容易)
・3~5㎡の作業スペースが必要となる。

※N値・・・数値が大きいほど地盤は固く締まった状態といえ、地盤の硬さ(締まり具合)・性能を示す指標です。
Copyright (C) TECHNO KYUSHU CO.,LTD All Rights Reserved.